消費生活センターについて

消費生活相談

 消費生活に関するさまざまな相談や苦情について、専門の相談員が問題解決のためのお手伝いをしています。
訪問販売や商品の購入、サービスの利用にともなって事業者との間に生じたトラブルや疑問・不審な点があったときは、お気軽にご相談ください。

利用案内

  • 所在地   安中市安中1-23-13(安中市役所本庁舎敷地内)
  • 電話番号  027-382-2228(相談専用) 
  • 相談時間  午前9時~午後4時(土曜日・日曜日・祝日・年末年始は、お休みです。)
  • 消費者   最寄りの消費生活センターにつながります。
    ホットライン   188(局番なしの3桁番号です。)

出前講座について

『悪徳商法対策』 ~悪徳商法から自分を守るために~

 悪徳商法の手口にだまされないためには、どういうことに気をつけたらいいのか、契約トラブルや悪徳商法から自分を守る知識などの出前講座を開催していますので、お気軽にご利用ください。市内どこでも無料で出前講座に伺います。ご希望の方は、「安中市出前講座」にてお申し込みください。
    安中市出前講座

ご注意ください

架空請求 心当たりのない請求は無視!

「お試し」「1回だけ」のつもりが定期購入だった

訪問して買い取りを行う業者との契約は慎重に

架空請求ハガキにご注意ください

消費生活センターからのお知らせ

平成28年12月から洗濯表示が変わります

 店頭などで販売されている洋服などの繊維製品に付いている洗濯方法の表示が、平成28年12月1日から一定の併用期間を経て全面的に刷新されます。
 繊維製品の洗濯方法は、衣類に付いているタグなどの「洗濯表示(取扱い表示)記号」で確認します。
 新しい洗濯表示では、記号のデザインが変更されただけではなく、記号の種類が22種類から41種類に増え、記号内に強さ・温度・禁止の付加記号や数字が使われるなど、より細かな表示に変わり、海外で購入した繊維製品の取扱いなどを円滑に行えるなど消費者の利便性が高まることが期待されます。
 従来は「家庭における洗濯などの取扱いはこの方法がよい」という取扱い情報を提供していましたが、新しい表示は「回復不可能な損傷を起こすことのないもっとも厳しい処理・操作」という取扱い方の上限に関する情報を提供しています。つまり、表示よりも強い作用や高い温度での洗濯やアイロン掛けは、衣類にダメージを与える可能性がある、ということになります。

 新しい洗濯表示のポイント
「基本記号」
「付加記号」「数字」の組み合わせで構成されます

「新しい洗濯表示」・「洗濯表示の記号の対比」はこちらをご覧ください。PDFファイル(494KB)

 詳しくは、消費者庁「新しい洗濯表示」をご覧ください。
       

消費者庁ウェブサイト「新しい洗濯表示」(外部サイト) 

リンク

お問い合わせ

安中市消費生活センター
電話:027-382-2228