安中市消防団について

安中市消防団は地域に密着した防災機関として火災や水害時などに備え、地域の防災リーダーとして幅広い活動を行っています。
現在、安中市消防団には、自営業者、サラリーマン、公務員など様々な人が入団し、消防団の活動を通じ、お互いの絆は大変強いものがあります。

消防団とは

安中市消防団は、郷土愛護と社会奉仕精神に基づき、火災をはじめとする各種災害の防除と被害軽減を図り、地域の安全確保のため組織された、地域住民と密接につながった公的機関です。
消防団は、日常各人の職業にたずさわり、災害発生時等に出動して地域住民の生命と財産を保護しています。
消防団の活動は、地域を火災等の災害から守ることです。消防団員は、普段は自分の職業に就きながら、火災はもちろんのこと地震や風水害等の大規模災害時にも消防活動にあたります。また、災害時以外には火災の予防や住民に対する啓発など幅広い分野で活動しており、地域の消防防災のリーダーとして重要な役割を果たしています。

消防団の主な活動

災害活動

火災、地震、台風などの災害が発生した場合は、消防隊と一体となって、迅速に消火活動や救出活動を行い、まちと住民を守っています。

警戒・広報活動

年末の警戒や火災予防週間中の広報活動を行い、地域に対する火災予防の呼びかけや警戒活動を行っています。

地域の防災リーダー

地震時には、多くの災害や負傷者の発生が予想されます。消防団員は市民一人一人の防災行動力を高めるため、自主防災組織への指導も行っています。

普段からの教育・訓練

防災活動には、専門的な知識と技術が必要です。消火訓練や救出救護訓練を行い、消防団の災害活動力を高めています。

消防団役員の紹介(平成30年度)

組織名(地区名) 役職 氏名
安中市消防団(本部) 団長 萩原 哲也
副団長 丸山 征二
金井 桂一
寺島 良一
藤巻 孝夫
第1分団 (安中) 分団長 高見澤 浩
副分団長 佐藤 英樹
第2分団 (原市) 分団長 半田 一男
副分団長 駒井 伸治
第3分団 (磯部) 分団長 竹渕 伸一
副分団長 萩原 淳史
 第4分団 (東横野) 分団長 佐藤 和之
副分団長 竹田 清一
 第5分団 (岩野谷) 分団長 小俣 泰暁
副分団長 岡田 秀樹
第6分団 (板鼻) 分団長 今井 敏博
副分団長 外谷 好
第7分団 (秋間) 分団長 悴田 博
副分団長 石井 隆信
第8分団 (後閑) 分団長 高橋 永次
副分団長 淺川 賢一
 第9分団 (松井田) 分団長 小林 淳一
副分団長 竹澤 浩和
 第10分団 (臼井) 分団長 花岡 洋文
副分団長 猿谷 千弘
 第11分団 (坂本) 分団長 吉岡 弘文
副分団長 佐藤 周治
  第12分団 (西横野) 分団長 佐藤 政幸
副分団長 貫井 伸也
  第13分団 (九十九) 分団長 内田 利之
副分団長 原田 典昭
 第14分団 (細野) 分団長 金森 誠一
副分団長 金井 工
ラッパ隊 ラッパ長 田中 和彦
副ラッパ長 新井 孝昭

消防団員募集

入団資格

  1. 消防分団の管轄区域に居住し、または勤務していること。
  2. 満18歳以上であること。
  3. 地域防災への熱意があり健康であること。

団員の身分

  1. 団員は特別職の公務員です。
  2. 役職に応じ年額で報酬が支給されます。
  3. 活動に必要な被服が支給されます。
  4. 活動によりケガなどされた場合、条例に基づき補償されます。
  5. 一定期間団員として活動されますと、退職報償金が支給されます。

募集の受付

  1. 受付は、安中消防署防災係で行います。居住地または勤務地を管轄する区域の分団長に安中消防署から連絡します。
  2. 任命は分団長と面談のうえ、分団長の推薦により、消防団長が任命します。なお、各分団には定員がありますので、定員に達すれば入団できません。

お問い合わせ

安中消防署 防災係
電話 027-381-5881