熱中症予防

熱中症を予防しましょう!

熱中症の発生は7月から8月がピークになります。熱中症を正しく理解し、予防に努めましょう。

◆熱中症とは・・・

◆室温や気温が高い中で、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節機能がうまく働かなくなり、体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどいときには、けいれんや意識の異常など、様々な障害をおこす症状のことです。

◆気温が高い、湿度が高いなどの環境条件と、体調がよくない、暑さに身体がまだ慣れていないなどの、
 個人の体調による影響とが組み合わさることにより、熱中症の発生が高まります。

◆家の中でじっとしていても、室温や湿度が高いために、体から熱が逃げにくく熱中症になる場合がありますので、注意が必要です。

熱中症の予防法

熱中症の予防には、「こまめな水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。

◆こまめな水分補給

●のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分などを補給しましょう。

熱中症になりにくい室内環境

●扇風機やエアコンを使った温度調節
●室温が上がりにくい環境の確保(遮光カーテン、すだれ、打ち水など)
●こまめな室温確認

からだの蓄熱を避けるために

●通気性のよい、吸湿・速乾のある衣服の着用
●保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす

外出時には

●日傘や通気性のよい帽子の着用
●日陰の利用と、こまめな休憩
●天気がよく気温が高い日は、日中の外出をなるべく控える

◆熱中症になったときの処置

1.涼しい場所へ避難させる
2.衣服を脱がせ、からだを冷やす(特に首の周り、脇の下、太ももの付け根などを冷やす)
3.水分・塩分を補給する

※自力で水を飲めない、意識がない場合は、直ちに救急隊を要請しましょう。

※注意とお願い

(1)暑さの感じ方は人によって異なります

暑さに対する抵抗力(感受性)は、個人によって異なります。
自分の体調の変化に気をつけ、暑さの抵抗力に合わせて万全の予防を心がけましょう。

(2)高齢者や子ども、障がい者・児は特に注意が必要です

●熱中症患者のおよそ半数は高齢者(65歳以上)です。高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が
低下しており、暑さに対するからだの調節機能も低下しているので注意が必要です。
●子どもは体温の調整機能が、まだ十分に発達してないので、気を配る必要があります。

(3)節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないよう、ご注意ください

◆熱中症に関する情報(外部リンク)

●熱中症予防情報サイト(環境省)
●熱中症関連情報(厚生労働省)

お問い合わせ

本庁健康づくり課予防係
電話 027-382-1111(内線1172)