猫の不妊又は去勢手術費用の一部補助について

平成30年度の補助金は終了いたしました。

目的

猫の不妊又は去勢手術を促進し、飼い主のわからない子猫を増やさないとともに、猫によるふん尿被害を軽減させることを目的としています。

補助対象

• 市内に住所を有し、かつ、居住している方
• 猫を飼養している者の属する世帯の全員が市税を滞納していないこと
• 飼っている猫、又は責任を持って世話をしている猫を、市内で開業している動物病院で、不妊又は去勢手術を受けさせた場合
• 手術を受けた日から3ヶ月以内に交付申請をした方

補助金額

• メスの場合(不妊手術):1頭につき5,000円
• オスの場合(去勢手術):1頭につき3,000円
手術費が上記の額に満たない場合には、その手術費用の額が上限となります。

補助の対象頭数

1世帯につき3頭までとなります。

申請に必要なもの

• 1頭につき1枚の不妊又は去勢手術費用に係る領収書(原本)
※手術を受けた日にち、申請者の氏名、猫の呼び名、手術が不妊か去勢かのわかるもの
• 申請者の認印
• 補助金を振り込むにあたっての、申請者名義の口座の情報がわかるもの(通帳等)

申請窓口

電話予約、郵便受付はいたしませんので、下記窓口へお願いします。
・環境政策課(碓氷川クリーンセンター内)
・総務管理課(松井田庁舎)

申請の流れについて

(1) 市内で開業している動物病院で不妊又は去勢手術を行い、領収書を発行してもらってください。また、「補助金 交付申請書 」(様式1号)の獣医師証明欄を、動物病院で記載してもらってください。
(2) 手術終了後3ヶ月以内に、窓口にて、「補助金交付申請書」(様式1号)、「補助金振込請求書」を記入し、領収書(原本)を添えて申請してください。
(3) 担当課より「交付決定通知書」が送られ、指定された口座に補助金が振り込まれます。

※(2)の手続き終了後、おおよそ1~2ヶ月を目安に指定された口座に補助金が振り込まれます。

申請時の注意点について

・複数の補助金交付申請をする場合には、頭数分の領収書が必要になります。
・補助金の交付は、年度途中であっても予算額に達した場合には、終了となりますので、ご了承ください。

申請書類等

申請書類等 ファイル形式
猫の不妊又は去勢に係る手術費補助金要綱 PDF(292KB)
補助金交付申請書 Word(37KB) PDF(38KB)
補助金交付請求書 Word(37KB) PDF(31KB)

お問い合わせ

環境政策課 環境推進係
電話:027-382-1111(内線1883)