独自の給付(寡婦年金・死亡一時金)

寡婦年金

寡婦年金は、老齢基礎年金の資格期間を満たした夫が、年金を受けないうちに死亡した場合に、10年以上婚姻関係にあり、夫に生計を維持されていた妻(内縁も含みます)に、60歳から65歳までの間支給されます。年金額は、夫が受けるはずだった年金額の4分の3です。

死亡一時金

死亡一時金は、保険料納付済み期間が3年以上ある人が年金受給をする前に死亡したときに納付した期間に応じて支給されます。(支給対象者がいる場合に限る)

死亡一時金の額 120,000円〜320,000円