滞納処分について

市税を滞納することは、納期内に納付している大多数の市民との公平性を欠くことになります。納期限を過ぎても納付されず、納税相談もない場合は滞納処分(財産差押)を行うことになります。
納期内納付のご理解とご協力をお願いいたします。なお、納期内納付が困難な場合には収納課へ相談ください。

滞納処分とは

税金を滞納している人の意思にかかわらず、滞納となっている税金を強制的に徴収するため、預貯金・給与・不動産等の財産を差し押さえ、差し押さえた財産を公売等により換価し、税に充てる一連の強制徴収手続きをいいます。

滞納処分までの流れ

 

 

納税通知書発送

 

固定資産税 5月 軽自動車税 5月
市県民税  6月 国民健康保険税 7月

 

 

督促・催告

 

納期限を過ぎて未納の場合、督促状を発送します。それでも納税いただけない人には、文書や電話などで納税の催告を行います。なお延滞金が発生する場合があります。

 

 

財産調査

 

勤務先、金融機関、生命保険会社、官公庁、取引先などへ財産調査を行います。
なお、本人への承諾は必要ありません。

 

 

財産差押

 

再三の催告にも応じず、納税相談の連絡がない場合は、財産の差押えを執行します。
 

 

換価処分(債権取立・不動産公売)

 

債権は原則即時で、不動産については公売(売却)により換価し、税に充当します。

滞納処分の差押え件数・換価状況

過去5年度の滞納処分件数および換価額の推移
区 分 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
預 貯 金 922 975 992 1,156 620
給 与 ・ 年 金 29 39 52 65 51
生 命 保 険 38 40 44 118 50
国 税 還 付 金 78 103 80 66 66
売掛金 ・ 賃料ほか 5 13 23 20 31
不 動 産 48 75 39 59 33
1,120 1,245 1,230 1,484 851
換価による税収 40,121,284円 47,658,086円 48,731,722円 61,490,047円 48,843,822円

滞納処分に関する審査請求について

市税の滞納処分(差押えなど)について不服がある場合は、差押通知を受け取った日の翌日から起算して3ヶ月以内、又はその公売期日などのいずれか早い日までに市長に対して審査請求をすることができます。裁決の送達を受けた日の翌日から起算して6ヶ月以内までは、市を被告として処分の取消しを求める訴えを提起することができます。

お問い合わせ

財務部 収納課
電話:027-382-1111 (内線1084)