景観まちづくり

景観計画・景観条例の策定に向けて

 安中市は、西部に碓氷峠、南部に妙義山を有し、中央部には碓氷川及び九十九川が東西に流れるなど、豊かな自然に恵まれています。また、4つに宿場町や碓氷関所が設けられるなど、古くから街道のまちとしても栄えるとともに、安中藩の城下町でもあり、多くの歴史や文化が継承されています。
これらの地理的・歴史的特性を生かして、本市では景観計画の策定や景観条例の施行に向けて、業務を進めているところです。
景観計画では、主に景観計画区域や、良好な景観の形成に関する方針、行為の制限に関する事項、景観重要建造物および景観重要樹木の指定の方針などを定めます。
ここでは、策定までの経過報告や募集事項などを随時更新していく予定ですので、皆さんからのご意見・ご感想をお待ちしております。

新着情報

現在、各地区において事前調査を行っています!PDFファイル(723KB)

各地区ごとの特徴や、残されている昔ながらの建物、自然景観などを調査しています。
これらをもとに今後は住民意見交換会を設け、皆さんからのご意見を伺う予定ですので、ぜひご参加ください。

お問い合わせ

建設部都市整備課計画開発係
電話:027-382-1111 ファクス:027-381-7018
Eメール:toshi@city.annaka.lg.jp