安中市住まいりー奨励金

お知らせ

 安中市内への移住を促進し、定住人口の増加による地域の活性化を目的に、令和3年1月から、市内に住宅を初めて取得して定住する方へ『住まいりー奨励金』を交付します。

1.交付対象者(すべての要件を満たす方が対象です。)

□安中市内に住宅を初めて取得した方(法人は除く。)。
 ※令和3年1月1日以降に所有権保存登記又は所有権移転登記をしていること。
 ※住宅を共有で取得した場合は、共有者のうち1人に限る。
 ※相続、贈与、交換により取得したものを除く。

□奨励金の交付の申請をする日までに、当該住宅に定住し、申請後も定住を継続する意思のある方。
 ※定住とは、当該住宅の所在地に住民登録し、その住宅を生活の本拠としていること。

□市税の滞納がない方。
 ※共有の場合は、共有者にも市税の滞納がないこと。

過去に本奨励金又は安中市勤労者住宅利子補給金の交付を受けたことがない方。

□暴力団員等でない方(本人を含む世帯員全員)。

2.交付額(奨励金の額)

☆基本額・・・50,000円
(※住宅取得費用(税込)の3%相当額、上限50,000円)

さらに、以下の要件を満たすことで、各種加算を受ける事ができます。

①転入加算・・・50,000円
申請者(配偶者がいる場合は、申請者又は配偶者)が安中市へ転入した場合。
ただし、過去3年間、安中市に住民登録がなく、申請時に45歳以下である場合に限る。

②子ども加算・・・20,000円
申請時に、申請者(配偶者がいる場合は、申請者又は配偶者)に小学生以下の子どもがいる場合。ただし、同居していない場合は、税法上の扶養控除を受けている場合に限る。※子どもの人数による加算額の増減はありません。

③空き家バンク加算・・・30,000円
取得した住宅が、安中市空き家バンク登録物件である場合。

④新幹線通勤加算・・・100,000円
申請時に、申請者(配偶者がいる場合は、申請者又は配偶者)が県外へ通勤のために安中榛名駅から定期券により新幹線を利用している場合。

3.提出書類

☆申請者全員が提出する書類

□安中市住まいりー奨励金交付申請書(様式第1号)ワードファイル(21KB)
□工事請負契約書や売買契約書など、住宅取得費用が分かるものの写し
□住宅の不動産登記事項証明書の写し


□安中市住まいりー奨励金交付請求書(様式第4号)ワードファイル(16KB)
□通帳等の振込先口座名義、口座番号を確認することができる箇所の写し
 ※奨励金の交付決定後、交付請求書等を提出してください。


☆各種加算を受ける場合

①転入加算
転入の日から、その3年前までの間に安中市に住民登録がないことが確認できる書類(戸籍の附票など)
※戸籍の附票…その戸籍が作られた時点からの住所の履歴を記載したものです。これにより転入日から3年前までの間に安中市に住民登録がないことを確認させていただきます。戸籍の附票は本籍地の市町村役場にて取得してください。婚姻などにより本籍地を変更している場合は、前本籍地にて取得する必要があります。
 
②子ども加算
小学生以下の子が申請者と同一の世帯にいる場合には添付書類は不要です。事情により小学生以下の子と別居している場合は、申請者(又は配偶者)と子の関係を証明できる戸籍全部事項証明書又は戸籍謄本、及び申請者が税法上の扶養控除を受けていることを証明できる書類(源泉徴収票、確定申告書の写し など)を提出してください。

③空き家バンク加算
添付書類は不要です。申請時に、取得した住宅が空き家バンク登録物件であることをお申し出ください。
 
④新幹線通勤加算
就労及び新幹線通勤等証明書(様式第2号)ワードファイル(20KB) 及び新幹線定期券の写し

4.提出期間

取得した住宅に定住を開始してから1年以内に申請

交付要綱・様式等(ダウンロード)


~住まいりー奨励金 ご案内(パンフレット)~PDFファイル(735KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

※令和2年中に住宅を取得された給与所得者は、従来の「勤労者住宅建設利子補給」制度の対象となります。
(担当:地域創造課商工労働係)

お問い合わせ

産業政策部 地域創造課 地域政策係(松井田庁舎)
電話 027-382-1111(内線2631・2632)

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。