盗難による被害を防止するための農業機械の適正な保管について

お知らせ

  • 1 徹底すべき対策
    (1)農業機械にエンジンキーをさしたまま放置しないこと。
    (2)田畑、農道等の住居から離れた場所やハウス内に農業機械を放置せず、農業機械を施錠の上、施錠された倉庫等に保管すること。

    2 有効と考えられる対策
    (1)農業機械に警報器、ハンドルロック等の盗難防止用品を装置すること。
    (2)倉庫等に、防犯灯(センサー付きライト)、防犯カメラ、防犯警報器等を設置すること。
    (3)倉庫のシャッター前、敷地の出入り口等、想定される通路にトラック等の障害物を置くこと。

    3 盗難被害に対する備え
    (1)農業機械の盗難に対して付保する保険等に加入すること。
    (2)農業機械の車体番号が記載された書類を保管すること。

    4 盗難に遭った場合の対応
     速やかに最寄りの警察署等に届け出るとともに、農協や販売店に情報提供すること。

    5 参考となる情報
    ・農業機械盗難被害情報共有システム(一般社団法人日本機械化協会ホームページ)
    http://nitinoki.or.jp/kikaika/tounanboushi/index.html

お問い合わせ

産業環境部農林課農林振興係(松井田庁舎)
電話 027-382-1111(内線2611・2612・2613)