お小遣いが稼げる?怪しいサイトに注意しましょう

子どもサポート情報 第93号PDFファイル(190KB) 【資料提供:独立行政法人国民生活センター】

見守り新鮮情報 第122号PDFファイル(203KB) 【資料提供:独立行政法人国民生活センター】

内容

事例

SNSでお小遣いが稼げるというサイトを知り、会員登録をしたら「50万円譲る」というメールが男性から来た。「お金を受け取るには直接連絡先を交換しなければならない。正会員になってほしい」というので、5千円を支払った。さらに「文字化けを解除する必要がある」とメールが届き、2万円を支払ったが、なかなか相手と連絡先の交換ができないうえに、追加で5万円を請求された。(高校生 女性)

ひとことアドバイス

  • 知らない人から簡単な条件で大金がもらえるということはありえません。「お金を譲る」「話を聞くだけでお金をあげる」といった相手とは絶対にメールのやりとりをしてはいけません。
  • このようなサイトでは、通常のメールとは異なり、ポイントを購入し、そのポイントを使ってサイト内でメールを行う仕組みになっていることがほとんどです。相手は、お金を渡すためなど様々な口実でメールを続けるよう促すので、気がついたときには多額の費用をつぎ込んでしまいがちです。
  • メールの相手が出会い系サイトの「サクラ」であることも考えられますが、証明するのは難しく、お金を取り戻すことは困難です。うまい話には注意し、ネット上の見知らぬ相手を簡単に信用しないことが大切です。
  • わからないことや困ったこと、少しでも不審に感じることがあったら、早めに市消費生活センターにご相談ください。

〈参考〉見守り新鮮情報 第122号の詳細は、国民生活センターのホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

相談窓口

  • 安中市消費生活センター 電話:027-382-2228
  • 消費者ホットライン 電話:188(いやや)
アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ

安中市消費生活センター
電話:027-382-2228