安中市犯罪被害者等支援条例を制定しました

『犯罪被害者等の支援に関する講演会』についての詳細はこちら

ー犯罪被害者等ひとりひとりに寄り添う社会を目指してー

誰もが、ある日突然犯罪被害者やその家族・遺族(犯罪被害者等といいます。)になる恐れがあります。犯罪被害者等は、直接的な被害に加え、周囲の無理解や配慮に欠けた対応などによる間接的な被害にも苦しめられる場合があります。
このため、安中市では犯罪被害者等が元の平穏な生活を取り戻せるよう、地域の実情に応じた支援を総合的に推進することを目的として、「安中市犯罪被害者等支援条例」及び「安中市犯罪被害者等見舞金支給要綱」を令和4年4月1日より施行しました。

犯罪被害にあうと…

被害により直接的に受けた傷だけでなく
 ・心身の不調…不眠、気分の落ち込み、急に不安になる、など
 ・捜査、裁判等に伴う様々な問題
 ・周囲の言動等による傷つき(二次的被害)
 ・加害者からの更なる被害(再被害)
 ・生活上の問題…仕事でミスをしやすくなる、通院や裁判等の休暇に職場の理解を得られない、など様々な問題に直面することとなります。

二次的被害・再被害とは…

犯罪被害者等は、生命・身体・財産などに対する直接の被害(一次的被害)だけでなく、
その後に発生する二次的被害や再被害に苦しめられることが少なくありません。

二次的被害とは…
犯罪被害者等が直接的な被害に遭った後に受ける、「精神的な苦痛、心身の不調、経済的な損失、その他の被害」を言います。
原因として
 ・犯罪被害者等が置かれている状況についての周囲の無理解
 ・配慮に欠ける言動
 ・偏見や誹謗中傷
 ・プライバシーの侵害
     などが挙げられます。
精神的な苦痛を受けたり、被害に遭ったことによる精神的な苦痛から休職や失職に追い込まれたり、
被害をめぐる家族間の不和や自分を責める気持ちなどから家庭崩壊につながる事例なども二次的被害の一種です。
傷ついた心は周りの人からの励ましの言葉にも深く傷つくということもあります。

 再被害とは…
犯罪被害者等が、同じ加害者から再び受ける被害を言います。

犯罪は今まで経験したことのない強いショックと数々の苦痛を与えます。
二次的被害も再被害も、犯罪被害者等にとって深刻な問題であり、被害からの早期回復の妨げとなります。

安中市犯罪被害者等支援条例について

基本理念

  • 犯罪被害者等の個人としての尊厳が保たれ、人として生きる権利や処遇が尊重されること。
  • 犯罪被害者等の支援は、犯罪被害者等の名誉や生活の平穏を害することのないよう行われるとともに、犯罪被害者等に関する個人情報の適正な取扱いの確保にも最大限配慮すること。
  • 犯罪被害者等が平穏な生活を取り戻すまでの間、犯罪被害者等の被害の状況及び生活への影響その他の事情に応じ、適切に途切れることなく支援すること。

それぞれの役割

市の役割

  • 関係機関等との適切な役割分担を踏まえ、個々の犯罪被害者等の事情に応じた必要な支援策を講ずること。
  • 犯罪被害者等の支援にあたり、国、県、警察その他の関係地方公共団体、犯罪被害者等の支援に係る公共の団体及び民間の団体、その他の関係する団体と連携し、施策を作成し実施すること。

市民等の役割

  • 犯罪被害者等の状況を市民が認識し、二次的被害等の発生防止に配慮するよう努めること。

事業者の役割

  • 犯罪被害者等が置かれている状況を踏まえ、犯罪被害者等の就労及び勤務について、配慮した対応に努めること。

※犯罪被害者等が再び平穏な生活を営むことができるようになるには、地域の方々の温かい理解と支えが必要です。ご協力をお願い致します。

主な施策

総合的支援体制の整備、相談及び情報の提供等

  • 犯罪被害者等支援に関する総合相談窓口を設置し、総合的支援体制の整備を行います。
  • 犯罪被害者等の悩みを聞くとともに情報の提供や、助言を行い、必要に応じて関係機関等と連絡調整を行います。

経済的な支援

  • 犯罪被害者等に対して経済的な支援を図るため見舞金の支給を行います。
    ・遺族見舞金(犯罪被害によって、家族を失った方へ)…30万円
    ・重傷病見舞金(犯罪被害によって、療養に1か月以上を要する重傷病を負った方へ)…10万円

    ※支給には、各種要件がありますので、窓口へご相談ください。

保健医療サービス及び福祉サービス

  • 犯罪被害者等の状況を丁寧に聴き取り、正確に把握したうえで、庁内担当部局や他の関係機関と連携をし、犯罪被害者等の個々の事情に応じた適切な支援を提供できるように努めます。

居住の安定のための施策

  • 犯罪等により従前の住居に居住することが困難となった犯罪被害者等に対し、一時的な住居の提供について配慮します。

その他

  • 雇用の安定のための施策、広報及び啓発などを行います。

各種啓発活動

NEW  犯罪被害者等の支援に関する講演会

安中市では、令和4年度から「犯罪被害者等支援条例」を施行し、犯罪被害者等に関する支援体制を総合的に推進しています。
この機会に是非、安全で安心な地域社会の実現のために、犯罪被害者等を支える大切さを考えてみませんか。

  • 〇開催日程  10月5日(水) 14:00~15:30
  • 〇会 場   松井田文化会館 大ホール
          (安中市松井田町新堀530)
  • 〇講演内容
    • 【一部】
        講師 弁護士  小磯 正康
       ((公社)被害者支援センター すてっぷぐんま理事長)
        演題『犯罪被害者を思う』
    • 【二部】
        講師 警部  野田 順也
       (群馬県警察本部 犯罪被害者支援室 室長補佐)
        演題『警察による犯罪被害者支援について』
    ※同会場 小ホールにて、人権問題パネル展示を同時開催しております。
  • 〇参加費   無料
  • 〇定 員   300人
    ※新型コロナウィルス感染状況等により、定員の調整(抽選)や開催の中止を行う場合があります。
  • 〇申込み方法
     下記のいずれかの方法でお申し込みください。
  • 〇申込み期間 8月1日(月)〜8月31日(水)
  • 〇問合せ窓口 市民課市民相談室(内線1208)

参考

お問い合わせ

市民部市民課 市民相談室
〒379-0192 安中市安中1-23-13
電話:027-382-1111(内線1208)  FAX:027-381-7020
メール:shiminsoudan@city.annaka.lg.jp