市役所をかたる還付金詐欺の電話にご注意ください

〇詐欺の手口について

市役所の保険課職員を名乗り「還付金がある」と電話がかかり、「金融機関の職員が自宅を訪れるので、キャッシュカードを渡してください」と伝えられます。その後すぐ金融機関の職員を名乗る者が訪れ、暗証番号を聞き取りキャッシュカードを受け取るというものです。

 最近、市役所に、このような事例の相談や問い合わせが増加しています。市役所や年金事務所などの職員になりすまし、税金、保険料、年金と様々な口実で還付金等に関する電話をかけてきます。預金残高を聞き出してくる場合もあります。
 通常、市役所から還付金があると電話することはありませんし、金融機関の職員がキャッシュカードを預かることもありません。このような不審な電話がかかってきても絶対に相手の言うとおりにしないでください。
 「お金が返ってくるのでATMに行くように」という電話があったときも還付金詐欺です。相手にせず、すぐに電話を切ってください。
 電話で還付金の話があったときは、安中市消費生活センターへご連絡ください。
 また、キャッシュカードを渡してしまったときは、警察署に至急連絡してください。
 


見守り新鮮情報 第217号【資料提供:独立行政法人国民生活センター】
見守り新鮮情報 第313号【資料提供:独立行政法人国民生活センター】 
見守り新鮮情報 第334号【資料提供:独立行政法人国民生活センター】

お問い合わせ

安中市消費生活センター
電話:027-382-2228