児童扶養手当と障害年金の併給調整が見直されます

児童扶養手当法の一部改正により、令和3年3月分(令和3年5月支払)から、児童扶養手当の額と障害年金の子の加算部分との差額を児童扶養手当として受給することができるように見直しが行われます。

児童扶養手当と障害年金の併給の際に必要な手続き

すでに児童扶養手当受給資格者として認定を受けている人

原則、申請は不要です。

児童扶養手当受給者として認定を受けていない人

児童扶養手当を受給するための申請が必要です。なお令和3年3月1日より前であっても、事前申請は可能です。

手当支給開始月

通常、手当は申請の翌月分から支給開始となりますが、これまで障害年金を受給していたために児童扶養手当を受給できなかった人のうち、令和3年3月31日までに支給要件を満たしている人は、令和3年6月30日までに申請すれば、令和3年3月分の手当から受給できます。

詳しくは厚生労働省ホームページをご確認ください。こちらこのリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ

本庁子ども課子ども育成係
電話 027-382-1111 (内線1161)