ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)ワクチンについて

お知らせ

平成25年より定期接種化されておりましたが、同年6月14日より厚生労働省から、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛み等の副反応が接種後に特異的に見られたことから、適切な情報提供ができるまでの間、積極的な接種の勧奨を控えるよう勧告がありました。
その後、ヒトパピロ-マウイルスワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)の有効性及び安全性に関する評価、接種後に生じた症状への対応、情報提供の取組等について議論が行われ、安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを上回ると認められたため、積極的勧奨が再開されることなりました。

【子宮頸がんとは?】

子宮頸がんは、子宮頸部という子宮の出口の近い部分にできるがんです。子宮頸がんは20~30代で急増し、日本では毎年約1.1万人の女性が病気にかかり、さらに毎年約2,800人の女性が亡くなっています。
子宮頸がんのほとんどが、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染で生じることが分かっています。HPVはごくありふれたウイルスで多くの人が感染し、その一部が子宮頸がんを発症します。100種類以上の遺伝子型があるHPV中で、子宮頸がんの約50~70%は、HPV型16型、18型感染が原因とされています。HPVに感染しても多くの場合ウイルスは自然に検出されなくなりますが、一部が数年~十数年かけて前がん病変を経て子宮頸がんを発症します。

【子宮頸がんを防ぐために】

ワクチンを接種することによりHPVの感染を防ぐことで、将来の子宮頸がんを50~70%予防できると期待されています。
HPVワクチンを接種したとしても、すべての子宮頸がんを予防できるわけではありません。20歳を過ぎたら定期検診を受けることが大切です。

詳しくは、こちらのホームページをご覧ください。

【個別通知の発送】

4月に令和4年度中学1年生の女子と高校1年生相当の年齢の女子に発送します。
中学2、3年生の女子には準備が整い次第発送予定です。
通知が届く前に接種を希望される場合には、母子健康手帳を持参のうえ、市役所健康づくり課または支所住民福祉課で予診票をお受け取りいただくか、市内協力医療機関に設置されているものをお使いください。
接種の前には、上記のリーフレットやホームページをご覧になって、ワクチンの有効性とリスク等を十分にご理解いただいたうえで接種を受けてください。

【接種ワクチンと標準的な接種方法】

ワクチンは2種類ありますが、どちらかを選び同じワクチンを3回接種します。

種 類 標準的な接種方法 標準的な接種方法をとることができない場合の接種可能な接種間隔
サーバリックス(2価) 1回目から1か月後に2回目、    1回目から6か月後に3回目 1回目の接種から1か月以上あけて2回目、1回目の接種から5か月以上かつ2回目の接種から2か月半以上あけて3回目
ガーダシル(4価) 1回目から2か月後に2回目、   1回目から6か月後に3回目 1回目の接種から1か月以上あけて2回目、2回目の接種から3か月以上あけて3回目

【持参するもの】

予診票・母子健康手帳・健康保険証

【接種実施医療機関】

(50音順)

医療機関名 電話番号 医療機関名 電話番号
アミヤ医院 385-1511 武井内科循環器科 393-1005
いわい中央クリニック 381-2201 ながしま小児科 382-6063
大貫クリニック 380-1181 永山医院 381-0314
おにかた医院 385-1351 藤巻医院 393-1324
くろさわ医院 393-5311 松井田病院 393-1301
公立碓氷病院 385-8221 みやぐち医院 384-1126
さるや内科医院 384-3681 もてき内科医院 382-2510
正田病院 382-1123

※市外(県内)の医療機関でも接種は可能ですが、必ず予約をしてから接種を受けていただきますようお願いいたします。

キャッチアップ接種について


HPVワクチンの積極的勧奨の差控えにより接種機会を逃した方に対して公平な接種機会を確保する観点から、積極的勧奨を差し控えている間の定期接種の対象者は公費(無料で)接種ができます。

  • 対象者:平成9年4月2日から平成 18 年4月1日までの間に生まれた女子で過去にHPVワクチンを合計3回接種していない方
    キャッチアップ期間:令和4年4月1日~令和7年3月31日
  • 対象者:平成18 年4月2日から平成 19 年4月1日までの間に生まれた女子
    通常の定期接種期間:令和4年4月1日~令和5年3月31日
    キャッチアップ期間:令和5年4月1日~令和7年3月31日
  • 対象者:平成 19 年4月2日から平成 20 年4月1日までの間に生まれた女子
    通常の定期接種期間:令和4年4月1日~令和6年3月31日
    キャッチアップ期間:令和6年4月1日~令和7年3月31日

【接種ワクチン】

サーバリックス(2価)またはガーダシル(4価)

【持参するもの】

予診票・母子健康手帳・健康保険証

【接種実施医療機関】

(50音順)

医療機関名 電話番号 医療機関名 電話番号
アミヤ医院 385-1511 武井内科循環器科 393-1005
いわい中央クリニック 381-2201 ながしま小児科 382-6063
大貫クリニック 380-1181 永山医院 381-0314
おにかた医院 385-1351 藤巻医院 393-1324
くろさわ医院 393-5311 松井田病院 393-1301
公立碓氷病院 385-8221 みやぐち医院 384-1126
さるや内科医院 384-3681 もてき内科医院 382-2510
正田病院 382-1123

※市外(県内)の医療機関でも接種は可能ですが、必ず予約をしてから接種を受けていただきますようお願いいたします。

【予診票について】

予診票は、市内接種実施医療機関に配布しています。市外で受ける場合は本庁健康づくり課・松井田支所住民福祉課の窓口で配布します。その際、接種歴の確認を行いますので、母子健康手帳をお持ちください。

【自費接種分の費用助成について】

令和4年3月31日までにHPVワクチンを自費で接種(2価、4価に限る)したことがあるキャッチアップ接種対象者の方は、費用の助成がありますが、現在準備中です。なお、「接種時の領収書」や「接種記録が確認できる書類(母子健康手帳、接種済証等)」が必要となりますので、該当される方は大切に保管しておいてください。

HPVワクチンの接種を逃した方へ〜キャッチアップ接種のご案内〜【厚生労働省ホームページ】このリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ

市役所本庁健康づくり課予防係
電話 027-382-1111(内線1172)